スタントコーチをやめた小井土正亮さん(41)は翌年、教員として母校の筑波大へ戻り、蹴球部のヘッドコーチ(hc)に就任。15年から監督となり、いまに至ります。その間、筑波大蹴球部は関東リーグで2部落ちも経験。 žãƒãƒ£ãƒ³ãƒ”オンズリーグ、アジア杯、euro、ワールドカップまで網羅した出場記録データベース。各大会の試合結果やランキングを、選手、チーム、監督、審判などの切り口からまとめています google_ad_client = "ca-pub-5451058279979221"; 小井土 正亮(こいど まさあき、1978å¹´4月9日 - )は、岐阜県岐阜市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。 ママみたいコメントby : かな2020年8月29日ブログ, 日本体育大学 男子ラクロス部  【朝練&3年生紹介part11】 内藤)監督が変わったので選手たちに戸惑いがみられ、そのなかで立て直すのが難しかった前期でした。結果に関してはあとからついてくると考えているので、結果よりも個人個人のレベルを高めさせてあげられなかったんです。3連勝した後に監督が交代し、その後の試合でいい形が表現できない部分 … 関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグ12校の中で唯一の国立大学である筑波大学サッカー部。 この筑波大学サッカー部は、これまでに23人ものjリーガー(j1:10人、j2:7人、j3:6人)を排出している名門チームです。 2006 平成18å¹´ サッカー部寮(志錬館)建設、天皇杯出場(6回目)2回戦進出、東北地区大学1部リーグ優勝全日本大学選手権大会初出場 2007 平成19å¹´ コーチ藤原真史退任、コーチ三田和典就任 2008 平成20å¹´ 東北ミニ国体成年の部優勝、大分国体出場(八戸大学選抜) ®å†æŽ¥è¿‘:第20節 jr東日本カップ2020 第94回関東大学サッカーリーグ戦1部の第20節が5日と6日に行われた。 最下位の中央大が法政大に3-4で敗 … //-->, «« No.163 筑波蹴球の中核を担う二人 不老祐介主... 静岡大学サッカー部監督. 筑波大学蹴球部の特徴 ――「出場機会」についてもお伺いしたいです。今回はjリーグとの比較で大学サッカーを考えたいのですが、最近はu-23を設けるjリーグクラブも存在します。 インターネットfaxの特徴. 出身. google_ad_slot = "0159850078"; google_ad_height = 15; 筑波大学 バドミントン部の公式サイトです。大会情報などを掲載しています。 スタントコーチなどを経て、2014年より本学蹴球部の監督を務めています。 蹴球部 筑波大学蹴球部(つくばだいがく しゅうきゅうぶ)は、茨城県 つくば市にある筑波大学のサッカー部。 日本サッカー協会 (JFA) の公式ホームページの「歴史・沿革」にも記載される、最も歴史を有するサッカーチームの一つである [2] 。 コラム No.671   【Match Report 全日本大学サッカー選手権 決勝 阪南大学vs関西学院大学】, コラム No.670   【Match Report 全日本大学サッカー選手権 準決勝 明治大学vs関西学院大学】, コラム No.669   【Match Report 第64回 全日本大学サッカー選手権 準々決勝 阪南大学vs大阪体育大学】】. //-->, リーグ開幕から3連勝とスタートダッシュに成功したものの、急な監督交代によりチームが困惑し徐々に調子を落としていった筑波大学。その筑波をシーズン途中から率いることになった内藤ヘッドコーチに話を聞いた。, 内藤)監督が変わったので選手たちに戸惑いがみられ、そのなかで立て直すのが難しかった前期でした。結果に関してはあとからついてくると考えているので、結果よりも個人個人のレベルを高めさせてあげられなかったんです。3連勝した後に監督が交代し、その後の試合でいい形が表現できない部分があり、結果にこだわってしまった時期がありました。少しずつ解消はしてきたんですけど、まだまだ思うようなサッカーをできずに終わったと思います。前監督の時代から1人でも多く「見たい選手を増やす」ってことを目標にやってきてますけど、そういう選手は私たちが「指導する」というのではなく、気がつけば選手自身が自ら取り組んでいるものなんだよと言い続けています。相手に対応するのではなく、相手が自分たちに合わせるサッカーをしなきゃいけないようにするためにずっとやってきました。結果ではなく、内容から見たとき少し不甲斐ないものとなってしまったと思います。, 内藤)監督が変わっても戦術面等、そんなに変わらずにやってきました。どういうサッカーというよりも個人がうまければ、常に自分達を主体として考え、ボールを保持している時もしていない時も、相手に対して攻めていける。極端に言えばセンターバックも守備じゃないんですよ。, 内藤)ピッチ外だといじってきますね(笑)でも練習のときは指導者と選手の距離でできていると思います。自分と選手の年齢が近いので感じることとかが一緒なときとかあるのでそれを見せすぎないようにはしてますけどね(笑)近づきすぎず、離れすぎずのポジションを保っていけたらと思います。, 内藤)やはり1人1人が人やモノのせいにしていて、それによってとるべきポジション(チームにおけるポジションではなく)ができていなかったのがありますね。人に言う分自分の準備ができていなかったていうのはあるかもしれないですね。, 内藤)そうですね。僕は選手1人1人の能力はここ何年かの中では高いと思っていて、アミノでは相手を受け入れずに自分たちのサッカーを全面に出していけたと感じました。リーグ戦に戻ったときにそれをまた出せればと思います。, 内藤)印象に残った試合はやはり開幕2試合ですね。選手たちが自分自身の内容にこだわってできていたかな。個人の利益がチームの利益と一致していたと思います。でも初戦は点こそ入りましたけど、内容の部分ではそれほど良くなかったんですよ。2試合目の方が勝ちましたし、内容も良かったです。, 内藤)自分たちがブレると難しくなると選手たちはわかっていると思うんで後期はブレなければ自ずと結果はついてくるし、去年戦ってきて結果を出している選手も多いのであとはブレずに戦うだけですね。, 内藤)僕はボールを取られるなと言ってるだけなんで、それがパスになるのかドリブルになるのかは個人の判断かつ能力と思っているんですよ。パスをしろとは僕は言ってないですね。ボールを取られないときは結果そう見えるんだと思います。, 内藤)やっぱり、基本的なことである。ボールを蹴る、止める、運ぶこと、ボールを受けたときもそうでうけどボールをもらう前からフリーになることを意識して練習させてます。, 内藤)コーンを使ってどうシュートコースを作るかの練習で、コーンでボールを隠してキーパーの意表をついたり、逆にボールの位置をキーパーに見せといてシュートコースを作ったりする練習です。シュートレンジで選手たちの考える力を養うのも目的です。正解は1人1人違うし、こいつはこういうこと考えながらやってるなとか、こいつはこうなんだと選手によって違うんでその辺を見てて僕らが気づかせられるときもありますね。, 内藤)高校までは詰め込み型でやらされている選手が多いと思うんですけど大学では自分で考えてプレーすることを身につけることで選手が変わっていけることが醍醐味だと僕は思います。僕はやり方を示さず、自由にやらせているんですけど自由というものは決まりごと、つまり正解がないわけで、実は一番要求が高いんですよね。それを高校生ができるかというとできないと思います。大学生のころがそれを要求できるレベルですね。, 内藤)そうですね。風間さんがきて1、2年目は見本がなかったので苦労しましたが、今では上級生たちが体現してくれるのでできるやつを見ろっていうのが1番ですね。, 内藤)そうですね。それと技術の大切さですね。さっきも言いましたが、蹴る、止める、運ぶ、プラス成功体験を増やしてあげられればと思います。, 内藤)やはり、何チームか見てると丁寧にサッカーをするようになってきてはいますね。Jリーグに進む大卒の選手が多くなっているのもそういうことがあるからだと思います。選手の先を見据えながら指導している指導者の人たちが増えてきているのかなと思いたいです。環境面では人口芝のグラウウンドが多くなってきて良いと思います。, 内藤)海外って10歳半ばくらいで進路を決めて自分の道を進んでいきますけど日本では高校は総合学習という形で、ほとんどの人が、大学にきて進路を決めていくと考えると海外よりも少しゆっくりですね。でも大学にきて試合に出て経験を積んで変わっていけるしそれが重要だと思うんですよ。最終的にそういう場であって欲しいとは思います。高校卒業してJリーグに進む人もいますけど試合に出られる選手なんて一握りじゃないですか。そんなんだったら大学にきて「チームを背負って立つ」という、チームの王様をやってたほうが技術的にも精神的にも成長できますしね。, 内藤)自分たちがいつもやっているようにボールを大事にして、敵を攻めるためにボールを持つということを選手たちに意識させながら攻める時間を長くしたいですね。保持するという意味のポゼッションではなくて攻めるためにボール持つという意味のポゼッションができればと思います。, 内藤)そうですね。いつも圧倒的に勝つことを考えてやっています。目先の結果だけにとらわれずに、1人1人がしっかり自分に期待して技術を向上できるように、また自分が見えるエリア、ボールかわ蹴れるエリア、相手をつかまえれるエリアを広げていくことができるように夏の間に成長してほしいとは思います。そして後期は相手を圧倒して勝つゲームを増やしていきたいと思います。, やはり、急な監督交代は選手だけでなくスタッフも困惑させたようだ。しかし、リーグ戦では5勝5敗1分で5位と決して悪いとは言えない。アミノバイタル杯から調子を取り戻しつつある筑波大学。メンツは揃っているため内藤ヘッドコーチが言う、選手たちが気持ちをブラすことなく試合に臨めればタイトルを取ることも可能であろう。,